Archive for 2014年11月

歯磨き時に出血する原因と対策。

11月 26th, 2014

日ごろ歯磨きをしていて、出血した経験はありませんか?
歯ぐきから出血する原因は、いくつかあります。

●歯肉炎
歯肉炎とは歯周病の初期段階の状態であり、歯ぐきが炎症を起こしています。
歯ぐきが腫れてしまうので、見た目にもわかりやすいです。
また、傷みをほとんど伴わないため症状に気が付きにくいといわれています。

●歯周病
歯周病が悪化すると、歯磨きをしていなくても少し硬い物を噛んだだけでも出血します。
歯周病は放っておくと歯が抜けてしまう原因となってしまうため、早めの対策が必要です。

●白血病
白血病は血液中の白血球が異常に増えてしまい、それにより血液を固める役割を持つ血小板が減少してしまいます。
そのため、出血が止まりにくい状態が続きます。
歯ぐきからの出血がたびたび起こるようであれば、白血病のサインといえるかもしれません。

一般的な歯ぐきの出血を対処する方法として、以下のようなことが挙げられます。

●歯茎マッサージ
歯と歯茎の境い目に歯ブラシをあてて、丁寧に一本ずつ磨いていきます。
出血してしまっても気にせずマッサージをしてください。
出血することで歯茎が丈夫になります。
ただし、力を入れすぎるのは逆効果です。

●歯垢の除去
歯垢が溜まると出血の原因となります。
歯医者で正しいブラッシング方法を教わるか、歯垢や歯石を取ってもらうのも良いでしょう。